模試の結果を鵜呑みにしない。

Pocket

入試が近づいてくると模試の結果に対して敏感になってくる。

都立高校の判定模試でいえば、VもぎやWもぎなどの結果で、志望校判定がS判定からE判定まで出される。

そして、その判定から本番の志望校を決定する生徒が多い。

もちろん模試の結果から志望校を決めていくこともある。

しかし、模試の結果が入試本番の結果を反映させているわけではない。

あくまでも中間地点としてのものになる。

それでもなかなか本番へ向けて志望校を高くもってしまうと「本当に行けるのか?」と自分自身へ疑問を持ち、本当に行きたい高校を志望校として掲げられないことがある。

ただ、第一志望校へ向けて自分の中で「自分には絶対に無理だ。」と思った瞬間に志望校合格は無理になってくる。

大切なのは、自分が行きたい志望校のために毎日愚直に努力していく事。

無理ではなく、自分が行きたいからこそ努力していく。

だからこそ、簡単に志望校を諦めずに愚直に取り組んでいってほしい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です