間違えても消しゴムで消さない。

Pocket

問題を解いている時に、解答を間違えてしまうと消しゴムでけしてしまうことが多い。

もちろん、消しゴムは間違えたことを消すツールではあるのでけして消すこと自体は間違ってはいない。

しかし、間違えた問題を消さないことで、ケアレスミスや解き方の癖など改善する効果的な学習法があるのでぜひおすすめしたい。

①解答を間違えても解答を消さずに、隣か次の欄にそのまま解きなおしをする。

②正しい解答と間違えた解答を照らし合わせやすくし、どこで間違えたのかを線を引いたりしてチェックする。

①②のようにノートをシンプルにしておき、確認しやすいようにしておくと良い。

そして勉強の最後に「なぜ間違えたのか。」と「どうすれば間違いがなくなるのか。」について具体的に書く。

ここでのポイントなのは具体的に書き、自分が改善できるイメージが持てることが大切だ。

しかし、改善できるイメージが全く持てなければ改善していくことは難しいので、大変なところではあるが、ぜひしっかりと考えていってほしい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です