数学が得意で英語が苦手な子の共通点。

Pocket

5月から定期テストが開始している中学校も多くなってきている。

定期テスト対策などを行う機会も多くなってくるが、数学が得意で英語が苦手な子の共通点がある。

それは、「反復練習を嫌う」ことだ。

数学では、一つの公式を理解し、数問で解くことでできるようになることもある。

しかし、英語は理解しただけでは定着することはできない。

それは、単語や例文などの「暗記」が重要になってくるからだ。

暗記をするためには、教科書の音読や、単語や例文をたくさん書いていくことも大切になってくる。

だからこそ、書き慣れたり、読み慣れたりしてほしい。

反復練習に抵抗がなくなるには、数学が得意であっても、ノートへ問題や途中式など細かなところもまず丁寧にしっかり書く習慣などをつけること。

めんどくさがると、なかなか習慣にならない。

反復することにめんどくさがらずに抵抗なく取り組めるようにしてもらいたい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です