歴史が苦手でも都立入試で確実に点数を取る方法。

Pocket

img_0

社会の中でも、歴史は覚えることが多く苦手だという生徒が多い。

しかし、社会の教科書は厚くなかなか数日で復習することは難しい。

またもし受験前に克服しようとしても入試日までに間に合うかどうか分からず、諦めてしまうこともある。

そんな時に都立高校入試で確実に点数が取れる学習法を紹介したい。

とくに都立高校入試での歴史は、「時代感覚」がポイントになる。

例えば、「聖武天皇-奈良時代」「御成敗式目-鎌倉時代」など用語の理解ではなく、時代感覚が重要になってくる。

だからこそ、歴史が苦手な子は時代感覚から身に着けていくことを意識していこう。

具体的な学習法としては、市販で販売されている暗記カードやノートなどに重要語句を記載し、その隣や裏にその用語の時代を書いておくと良い。

教科書から学習し直す必要はない。

重要語句の時代をしっかり押さえていけば必ず点数に結びつけられるのでそういった学習を進めていこう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です