Vもぎ判定が良くても意味がない。

Pocket

a9bea_1402_a39965b7_a57ea169

12月に入り、都立高校志望校判定であるVもぎも終盤に近づいてきている。

入試が近づいてきているからこそ、現状の志望校判定に対して、敏感になってきている子達も多いかもしれない。

しかし志望校判定が良くても鵜呑みにしてはならない。

それは、都立高校入試においては志望校判定が大切なのではないから。

では何が大切かというと志望校合格へ向けての「答案作成力」だ。

「答案作成力」とは、志望校へ合格するために必要な問題がしっかり正答できているかどうかが大切になる。

もし志望校判定で良い判定が出ていても、この答案作成力が理想どおりに近づかなければ本番で確実に合格を勝ち取ることは難しい。

現在の都立入試はマークシートになっているので、偶然点数が取れてしまうことがある。

受験勉強は偶然ではなく、必然的に合格しなければ意味がない。

だからこそ、正しい戦略を持って取り組んでいくことが大切になる。

良い判定が出たからといって、安心せずに常に「答案作成力」を意識してほしい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です