中学校ワークの家庭学習の進め方。

Pocket

books

定期テスト勉強をするときにほとんどの生徒が苦戦するのは、「提出物などの課題量」だ。

現代はテスト終了後にまとめて提出物を回収する先生が多く、また提出物はテスト範囲表に記載されているために配布されてから提出物を本格的に行う生徒が多い。

これではテスト前に提出課題に追われてしまい、なかなか自分のやりたい勉強ができなくなってしまう。

だからこそ毎週ワーク類などを習慣的に学習しておくが大切。

たしかに部活動や習い事などもあり、1日1~2時間机に向かって自主学習をすることは難しいかもしれないし、またそういう学習のように続かないことをやったとしても成果が出ないので良いことではない。

そんな子におススメな学習法は週末を使って最低でも合計2時間程度勉強することだ。

その時に学校のワークを実施してみよう。

具体的には今週学校の授業で進んだ分を行うのが良い。復習にもなり、その単元の定着度も高くなる。

また塾などで1か月先取り学習を行っている場合は塾の宿題などもしっかり実施しておけば約2か月分の内容を効率良く学習できてしまうのだ。

ちょっとした工夫で提出物も無理なく進められ、かつベストな学習ができることは限られた時間だからこそ常に意識しておきたいことだ。

大変の中でも余裕が持てたテスト対策勉強をしてほしい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です