都立高校受験へ向けて小学生の夏休みの過ごし方。

Pocket

tasyumi_kiyoubinbou夏休みがだんだん近づいてきている。

受験生にとってはいよいよ大切な時期となり、毎日勉強する日々が続くだろう。

それでもマイナスに考えず、人生でがっつり勉強できる貴重な期間だからこそ多くのことを学ぶつもりで開き直るくらいで思う存分勉強してほしい。

また中学準備を考えている小学生などは机での勉強以外にも多くの経験をしてもらいたい。

例えば、美術館、博物館、ツアー、海やプール、家族工作教室など様々なイベントがあるのでぜひ積極的にそういった事に参加してほしい。

都立高校受験とはいわば「総合力」で勝負する。英数国理社などの5科目だけでなく、美体音技の実技科目も4科目ある。

そういう観点からも総合的な経験というのも受験において大切な考えになっている。

そして実技科目に関しても大切なことはまずは興味を持って勉強できるようにしておくこと。

興味がなければやはり授業を受けても集中力ややる気も下がってしまう。

塾では普通、実技科目の授業がないので、学校の授業だけでしっかり理解していかなければならない。

「鉄は熱いうちに打て。」というように早い時期から興味を持つためのきっかけを作っておこう。小学生にとっては机上の勉強だけでなく色々な経験ができる充実した夏休みをぜひ過ごしてほしい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です