まずは志望校の○○○を確保する。

Pocket

4月に入り、新中3生にとっては、いよいよ受験学年としてこの1年間を過ごすことになる。

受験学年になると、やるべきことが多くなり、何を最優先にやったら良いか混乱しやすくなってしまうこともある。

しかし、そんな時も冷静にやるべきことを一つ一つ丁寧に取り組んでいくことが重要だ。

特に新中3生の場合、何を最初にやれば良いのか聞かれることが多い。

そこで都立高校を受検する場合としての最優先事項をお伝えしたい。

それは「内申点」を確保することだ。

東京だけでなく、全国の高校受験はこの内申点が見られる。

東京においても例外なくこの内申点が重要になってくる。

それは、内申点が「志望校を決める上での基準」になってくるからだ。

そういった意味でまさに高校受験のはじめの一歩になる。

都立高校だけでなく、私立高校においても内申点でほぼ志望校だけでなく、合格も決めてしまうことができるので、確実に確保しておきたいものだ。

模試や英検,数検などやるべきことが多くなるが、まずは内申点の確保に時間を割いてほしい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です