残り1ヶ月での都立入試戦略!~国語~

Pocket

都立入試まで約1ヶ月を切ってきてきた。

しかし、約1ヶ月でもまだまだ得点力を高めることができる。

そこで入試本番へ向けて、得点力を高めるためのポイントを伝えたい。

今回は国語について。

①都立高校過去問を実施する。他科目も同様に、過去問を行うことがとても重要なってくる。それは都立高校特有の問題のため、繰り返し解くのが良い。そして特に時間内に解くことが重要になるので、必ず時間を本番の50分に合わせて解くようにしていく。もし解き終わらなければそのまま解き続け、次回50分以内で解けるように課題を持っていく。

②漢字練習をする。漢字は本番どこが出るのか予想がしづらい。しかし、漢字が苦手であれば点数を落とすことはできない。そのため、有効な練習法としては「7日間完成漢検ドリル」などの5級から4級レベルのを購入して解いてみるのも良い。(都立高校入試では3級レベルの問題までが出題されるが、苦手な子は4級レベルでも良い。)

③解く順序を必要であれば工夫する。大問1,2は漢字、大問3は小説,大問4は論説文,大問5は現古融合問題となっているが、最後の大問5現古融合問題は問題に慣れれば難易度が高い問題ではない。しかし時間がなくなかなか解き終わらないなどということがあるので、解く順序を、1⇒2⇒5⇒3⇒4などと解く順番を工夫するのも良い。

④選択肢問題はまず2択に選ぶ。選択肢問題は2択に選べるので、2択までに絞ってから答えを選ぶと良い。また過去の入試問題で選択肢が連続することはあまりないので続きすぎている場合は、注意すること。(例えば、問1がア、問2もアなど。)

⑤Vもぎ過去問や今まで受けたVもぎを解きなおす。都立入試にそっくりだからこそ効果的な学習になる。

以上を残り1ヶ月意識して取り組むことが得点力を更に高めるのにつながるのでぜひ取り組んでいってほしい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です