もう一度志望校へ向けて自己分析する。

Pocket

9月の模試なども返却され、志望校判定なども本格的に出てきていると思う。

東京であればVもぎやWもぎが行われ、S判定からE判定までが出てくる。

B判定からが合格圏内となるため、B判定まで取れなかった場合は、なかなか気持ち的にもマイナスになってきてしまう。

そこで、志望校を変更しようとする子も増えてくるのが秋からが多い。

もちろん志望校を変更自体は悪いことではない。

しかし、「この高校へ行きたいのに無理かもしれないから下げよう…。」というのはけして良くないことだ。

それは、自分が本当に行きたい志望校を下げることで勉強に対するモチベーションも下がってしまうからだ。

また、高校受験の場合は、入試日まで伸びることがよくある。

安易に下げることは、自分の可能性がまだまだあるにも関わらず、自分での可能性を決めてしまうこと。

志望校合格は自分自身の気持ちで決めてしまっていることが高校受験生ではほとんどだ。

秋になってきたらからこそ、自分が本当にどうしたいのかが分かってくる。

もう一度しっかりと自己分析をして、自分が進みたい志望校をしっかり決めていってほしい。

そしてその決めた志望校へ向け、覚悟を持ち受験勉強へ取り組んでいってもらいたい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です