夏休み前には目標校を明確にしておく。

Pocket

夏休みに入り、志望校を見回る受験生も多くなる。

高校受験の場合は、夏休み中に学校訪問して志望校を選ぶ受験生がほとんどだ。

そのような受験生の流れだと9月以降に志望校が明確になってくる子が多い。

しかし、長い夏休みに受験勉強が本格化してくるため、志望校が9月以降などになってしまうとその志望校へ向けた学習が入念にできなくなってしまう。

だから、夏休み前に志望校とは別で「目標校」を明確にしておくことが大切だ。

目標校とは現時点で行きたい高校の中で一番偏差値が高い学校のこと。

受験勉強はただ、各科目の単元を漠然に学習していては成績を伸ばすことはけしてできない。

大切なのは、自分の内申点から現時点の目標校を照らし合わせ、入試本番で取るべき目標点数を明確に出しておくこと。

そしてその目標点数から、各科目で取るべき目標点数を算出し、どの問題をしっかり点数化させていくかを考えていく戦略が大切になってくる。

夏休みだからこそ、今まで学習した内容をしっかり復習しながら、入試本番で確実に点数化させるための学習が可能になり、志望校合格をグッと引き寄せる。

長い夏休みだからこそ、漠然とした学習ではなく、戦略を立てた学習をしていってほしい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です