~2017年全国高校入試分析【英語】~

Pocket

2017年の全国高校入試英語を分析。

2017年度入試では、昨年同様、ライティングにおいて「自分の意見を表現する」問題が増加。

英語の4技能化が高校入試にも及んでいると言える。

大阪府では、指示文もすべて英語で日本語はなし、リスニングは25分で配点比率は33%という前例のないテスト。

次年度以降も多くの県で、大学入試改革を見据えて、様々な変化が予想される。

最新の傾向を踏まえて、変化に対応した入試対策を進めることが大切になってくる。

《今年の入試の特徴》

意見英作文の出題が大幅に増加。グラフや資料の読み取りは定番に。文法の難易度は安定。

《難易度(昨年と比較)》

英作文や語順整序の何度が上がった県はあるが、全体的には特に大きな変化なし。

《その他注目したい点》

長文のテーマや空所補充で問われる文法事項は一昔前の定番問題の傾向に。2018年度入試に向け、変化を避けた感が強い。

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です