入試は「結果」が全てと捉える。

Pocket

2,3月になるとぞくぞくと高校入試の結果が出てくる。

受験生にはとってはこの時期にどれくらい追い込めるかが、合格する上では非常に重要だ。

またこの時期はよく、不安なことを考えてしまうことも多くなる。

「本当に合格できるのか。」「合格できなかったらどうしよう。」など様々な感情が出やすくなる。

そこでよく陥りやすいのが、「一生懸命やった結果なら、不合格になっても仕方ない。」などと自分の逃げ道を作ってしまうこと。

都立高校一般入試はたった1回しか行われず、超高倍率入試となっているため、厳しい受験となってくる。

メンタル面も強くし、本番にのぞまなければなかなか良い結果が生まれてこない。

だからこそ、「受験は結果が全て。」という気持ちでのぞむことが大切だ。

そして日ごろからその覚悟で、受験勉強に取り組んでいき、本番に緊張で押しつぶされないようにする。

高校受験は誰もが初めて経験する受験でありながら、不合格になれば私立高校に進学しなければならないという厳しい入試である。

たった1回の入試を勝ち取るために、受験生としての強い覚悟で受験に挑み、合格を勝ち取って成長していってもらいたい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です