偏差値60以上を目指す都立高校入試戦略~社会編~

Pocket

都立高校入試で偏差値60以上の高校を目指すための学習戦略を紹介する。

【都立共通問題の社会で90点以上を狙うためのポイント】

①記述問題は確実に点数にする。記述問題は3つの資料が出題され、その資料を基に記述していく。その記述のポイントとしては、3つの資料のそれぞれの要点を掴み、それを文章につなげて記述すれば確実に点数が取れるようになる。

《都立入試社会解法テクニック!》

1表2文の問題が出題されるが、まず文章から目を通せば解ける問題が多いのでまず文章から目を通していく。

②火山帯・温泉=日本ならば九州地方、世界ならば造山帯がある所になる。

③地中海と瀬戸内海、アルプス(スイス)と日本アルプス(長野県)は気候・産業が似ているのでセットで覚えておく。

④歴史では、明治・大正・昭和の並び替え問題において、「この選択文の時代はどこだ…??」と思うものは、だいたい大正時代になる。

社会は基本的な重要語句を押さえておけば問題ない。

また、日本の都道府県は全て、世界地理は主要な国々はしっかり暗記しておくこと。

社会は用語を暗記し、資料の読み取りがしっかりできれば高得点が取れる。

他科目の中でも短期的に結果が出やすい科目だからこそ、1ヶ月で大きな結果が出せるので諦めずに頑張ってほしい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です