~定期テスト対策~【社会学習の極意】

Pocket

img20140814153117919

今回は社会の定期テスト対策のポイントについてまとめる。

①学校の教科書,ノート,授業プリントなどを暗記する。

⇒ノートは赤,青で記入した重要箇所、プリントでは穴埋めした用語や太字の用語、教科書では太字の用語を中心に資料などもしっかり暗記しておく。

②学校のワーク,プリントの問題をしっかり暗記する。

⇒まず用語を暗記することが大切。暗記する手順としては、①赤シートなどで隠して覚える。②覚えたら【漢字】で書けるか確認する。

③学校の資料集などで知識をより深いものにする。

⇒資料問題や記述問題なども出題されることも多い。その為、用語理解を深めておくことも重要である。人物の写真なども出題される可能性があるので注意。

④基本問題だけでなく応用問題にチャレンジする。

⇒①~③の【知識】【考察力】が十分身に付いたら、応用問題などの難しい問題にチャレンジしてみると良い。複合的な知識から解答を導く問題などが多いので、実践力だけでなく、多くの活きた知識が確認できる。

社会には学習センスはいらない。必要なのは暗記すること。

だからこそ、テスト範囲が出たらすぐに社会の勉強をスタートし、一通り全体を学習することが重要。全体像が掴めたら、細かなところを学習していき、自分の言葉で説明できるくらいになっていくのが理想だ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です