Vもぎ偏差値や志望校判定に惑わされるな。

Pocket

report_taisaku04

都立高校を第一志望校にしている子達にとっては、来月の10月はVもぎが一番活発にある時期だ。

10月Vもぎに関しては合計4回と毎週日曜日にVもぎが開催されるような状況となる。

ほとんどの受験生においては毎月模試を受検していると思うが、気をつけなけれならないことがある。

それは「偏差値」や「志望校判定」が全てではないということ。

確かに受験生としては、偏差値や志望校判定が良いと安心できるし、モチベーションも湧いてくることが多い。

しかし実はそれ以上に大切なことは自分が入試本番で取るべき問題が常に安定して取れているかだ。

模試は毎月行うので、良くても悪くても次回へ向けた勉強になってくる。

しかし入試本番には次がない。

たった1回の試験で、自分が取るべき問題を確実に解き、難易度が高い問題も状況に応じては合格点を取るために確実に取らなければならない。

だからこそ、普段受検する模試で、一番意識しなければならない事は「入試本番で確実に目標得点が取れるような型ができているかどうか。」だ。

だからこそ、必ず答案用紙を入念にチェックしてほしい。

取るべき問題で落としているのであれば、なぜ取れなかったのかを分析し、具体的な解決策まで打ち出す。

そうやって入試本番でも崩れない確実な解き方が固まっていく。

ただの志望校判定模試にせず、「入試本番に勝つ型」を形成していこう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です