都立入試は基礎の徹底。

Pocket

text_kousyuu2_kaki

8月半ばにもなり、塾などの夏期講習会でかなりの問題量をこなしている子達も多いと思う。

そこで今後へ向けて注意しなければならないことがある。

それは、問題をやりっぱなしにしないこと。

夏の時期に陥るのが塾などで多くの問題を短期間に行うので、消化不足をしてしまっている子が発生する。

しかしただ単に、たくさん問題を解けば実力がつくというものでもない。

意識しなければならないことはやはり【基礎を徹底】することだ。

基礎というと、「それだけでは入試は解けない。」とバカにしてしまう生徒も多い。

しかし、結果が出ている人ほど基礎を大切にする傾向がある。

それは本物の基礎とは入試などの実践的な問題でも十分通用するからだ。

だからこそ夏休み前半で学習した問題などは基礎が多いからこそ必ず3回以上は復習してほしい。

調子が良い時も、悪い時も必ず基礎を大切にして学習していくこと。

これが入試本番でも波がなく得点が取れる秘訣である。慌てずに基礎を徹底していこう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です