なぜ勉強するのか。

Pocket

study_night_boy

授業をしていると各科目において生徒から「この勉強は将来役に立つのか。」と質問を受けることがある。

それに対し教育者として「役に立つ。」と伝えるようにしているし、それが具体的に伝えられるよう日々勉強をしている。

もしここで「役に立たない。」と言ってしまえば高校,大学へ進学する為の勉強だけになり勉強自体は意味がなくムダだということを伝えることにもなってしまう。

やはりstudyが「勉強する」という動詞であるように自ら必要性を感じて勉強するようにさせていきたい。また教育者としても各科目において将来どう役に立つのかが伝えられる教育がもっと広まっていけるようにしたい。

そういう意味で教育者として問題が解ける喜びも必要だが、たとえ受験というものがなかったとしてもその科目の必要性を感じ、勉強できる子供が育つ社会へとしていきたい思っている。

今後も自分なりの「勉強する意義」を伝えていきたい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です