高校受験は志望校は○○と宣言する。

Pocket

possible-379215_960_720

中3生にとっては定期テストも始まり、少しずつ志望校を決めていく時期。

特に都立高校に関しては中3での2学期の内申点が入試では見られるのでぜひここで目標を高くもってもらいたい。

とは言ってもなかなか志望校に対して前向きになれない子も多い。その原因の多くは「過去の成績から目標を決めてしまう。」のが原因である。

たしかに3年生にもなれば今までの成績から自分自身の立ち位置を決めてしまいたくもなる。

しかし、受験にしても目標を持つのは今よりも高い壁を乗り越えるために持つのだと思うし、過去の結果は今後を映し出しているものではない。

むしろ今までのやり方を変えなければならない「大切な資料」として取っておけばいい。

だからこそ繰り返しになるが目標は高く持ってもらいたい。

目標を高く持つことで、その目標へのアプローチ方法が変わり、やるべきことが明確になるだけ。けして複雑になるのではないのだ。

だからこそ多くの子達が絶対ムリではないかと言われていた志望校へ合格したりする。

けして奇跡なんかじゃない。

目標が変わり、そのプロセスへ向けてひたすら取り組むだけ。

だから恐れずに自分の志望校を堂々と宣言してほしい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です