観察力がなければ生徒を育てられない。

Pocket

school_sensei_kokuban

現場で多くの講師育成をしていると良い講師の条件がいくつかある。

その中の一つで、「教える」ではなく「育てる」が上手い講師は何が違うのか。

それは明らかに【観察力】だ。教えるのが上手い講師は極論、自分の授業スキルだけを高めれば伝えることができる。しかし育てるではそうとはいかない。

なぜなら一人ひとりの癖,性格,心理状態,問題への考え方など様々な角度からアドバイスや指導を相手に届く言葉で伝える必要があるから。

たしかに教育においてはどちらもバランスよく身につけることが重要だ。

しかし現場で特に感じるのは「教える」だけで終わるのではなく「育てる」まで意識した教育をしていかなければ飛躍的な成績UPをさせることはできない。

だからこそ現場でじっくり観ること大切にして指導をしていきたい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です